IT化でお客様を増やす 

        もくじ ー

 まえがき      3

 第一話 いくつかの「情報化」に関わることを知る
 ○地に足をつけて使いたい「用語」
  「データ」と「情報」の違い      9
  「情報化」ってどんなこと      13
  「定義」あれこれ        16

 ○「情報化」のいまと昔
  情報活動の起源を探る       19
  いまと昔の違うところ       21
  「情報化」で必要となる活動      23

 ○三つに分けられる「情報化」
  「情報化」のパターン      25
  パターン毎に変わる設定      31
  こういう分け方もできる      34

 第二話 「情報化」には多くの課題があることを把握する
 ○得られない「成果」
  一つの調査結果を腑分けする   37
  「開発」段階での躓き        39
  こんな理由も足を引っ張る     39

 ○顕在化してきた脅威
  厄介な「人的災害」     42
  求められる覚悟     43
  「やり過ぎ」はない対策     44

 ○増える維持費
  外的な理由で膨らむ経費     46
  内部にもある増加要因     47
  活用されないビッグデータ     48

 ○便利になることの代償
  「情報活動」で不足していること     50
  困る「良いお客さん」     51
  少ない本当の「便利さ」     53

 ○行っている企業が少ない「効果を生み出すための情報化」
  「調査結果」が示していること     55
  整理されていない「できぬ理由」     56
  昔はなかった「効率化のための情報化」     58

 第三話 「効果を生み出すための情報化」に取り組む
 ○「効果を生み出すための情報化」の構造
  「効率」の延長線上にはない「効果」     61
  「利益」は後からついてくるもの     63
  二階で活躍する「マーケティング」     68

 ○お客様がいてこそ成り立つ企業
  「お客様がいる」ということ     73
  対象とするお客様はどんな方     74
  お客様の見える化     75

 ○求められる明確な「想い」
  企業よ「大志」を抱け     78
  日本にある「基本理念」     80
  自慢できる日本人     83

 ○どこにある「味付けの素」
  身近にある「味」     87
  守られてきた「江戸しぐさ」     89
  どこにでもある「ヒント」     92

 あとがき     97

 参考文献     103

   「IT化でお客様を殖やす」へ

      ホームへ戻る